バーキン25買取ナビ.net 買取業者がこっそり教える3つ秘訣

手持ちのバーキン25の縫製まできちんと見たことはありますか?

たぶん、ほとんどの人が見たことないと言うでしょう。
もらいものならなおさらすぐにチェックしてみましょう。

タグの縫いつけ部分や持ち手の部分など、どこでもかまいません。
縫製を見たとき、糸の太さ・間隔がバラバラ。
このような違いは一目見て、すぐに偽物と分かります。

要するに、丁寧に縫製されていない物は偽物と思ってかまいません。

最近は、とてもよくできた偽物がよく出回っています。
購入時の値段があまりにも安かった場合は、すぐに偽物とわかりますよね。

しかしお手持ちのバーキン25がもらいものだった場合は、
価格がわからないので判断できません。

その分、縫製は見てすぐに素人でも偽物と判別しやすい方法と言えます。
縫製の糸がやけに太い・細い。縫製が雑。もらったばかりなのにほつれそう・またはほつれている。

こんな状態のバーキン25だった場合は、偽物の可能性が高いです。
もちろん長年使っていてほつれなどが出てくる場合もあります。
その場合、買取査定そのまま出すと買取価格が下がってしまいます。
ほつれがあった場合は、クリーニング専門店で直してもらうといいでしょう。
高価買取が期待できますよ。